水太り

水太りの特徴と改善方法

 

水太りの特徴と改善方法

水をからだにたくさん溜め込んでいるので、
血が薄く、生理も比較的軽い人が多いと言えます。
ただ、生理が軽い事は良い事とは言えず、

 

からだの中のいらないものを
一気に捨てるチャンスを活かす事ができていない状態
とも言えます。

 

血と一緒に捨てるべき色々な毒を外に出せないので、
骨盤の血流も悪く、腸の血流も悪いと言えます。

 

 

こういう状態だと、腸の中に水がたまり便秘にもなります。

 

便秘は基本的に「仙骨」と「尾骨」というお尻にある骨が、
自分のからだに溜まった水分のせいで冷えて、老廃物が溜まり、
それに気付けないのが原因です。

 

これを改善するには、仙骨をあたためる工夫をすれば改善できます。

 

もともとからだの水分が多いタイプの人は、一気に老廃物を出そうとする
体質ですので、便秘と下痢を繰り返しやすいのです。

 

 

この方法で水太り解消!

 

  1. あお向けに寝て、自分で仙骨の下を手で軽く圧迫します。

     

    これだけで黄体ホルモンの分泌がよくなります。

     

    ホットパックなどを腰に当てて暖めるのも効果的で、
    生理痛にも効きます。

  2.  

     

  3. うつぶせになって、パートナーに暖めてもらうのも効果的。

 

「自己流」になりがちな洗顔の正しい方法について