肌のトラブル 改善

お肌の不具合はなぜ起こる?

 

お肌の不具合はなぜ起こる?

どうしてお肌はカサカサしたり、ジクジクしたり、
パンパンしたり、しわしわしたり、プツプツするのか?

 

実は、肌は外気の変化を感じ易いのです。

 

皮膚呼吸により、酸素を取り込んだり、
二酸化炭素を吐き出したり。

 

おまけに、汗を出したり、水分を吸収したりと、体温
の保持調整で大変なんです。

 

 

外からのばい菌からも守らなくてはならないし、
からだの異変を外に発信するという大切な役割もあります。

 

例えば、からだのいらない物を捨てる時期(低潮期)に
おでこに出来たぶつぶつは「油分をとりすぎている」というサインになります。

 

 

お肌のトラブルはからだのサイン

 

お肌のトラブルはからだのサイン

ニキビは、目立つところにできがちですが、
最初は、目立ちにくいところに小さくできて、

 

それが改善されないと
目立ちやすいところにできやすくなります。

 

これは、からだの状態が悪いサインです。

 

改善されなければされないほど、
目立ちやすいところにできるとも考えられています。

 

 

トラブルが顔に出てくるのは、消化器官に負担があったり、

 

食べ過ぎだと、口の中にサインとして口内炎ができたり・・。

 

こういったサインがあります。

 

 

こういったサインの原因を考え、

 

例えば食生活を改善したりと、
からだの求める事をする事でニキビなどのトラブルも解消されます。

 

 

また、

 

見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触れると
人間には5つの感覚器官がありますが、

 

目で見る、耳で聞く、鼻でにおいを嗅ぐ、口で味わう、手で触れることで、
いっそう喜んだり、楽しめる様にできています。

 

で、この5つの感覚器官のうち4つが顔に集中しています。

 

 

その為、顔の肌がつやつやしていると、5つの感覚も冴えていると言えます。

 

 

感動するであったり、色々な事を体験し、
活き活きとした生活を送ると言う事は、

 

同時に肌もつやつやした状態であると言えます。

 

 

肌トラブルの原因が分かったら次は正しい洗顔方法を