正しい洗顔

正しい洗顔の仕方

 

正しい洗顔の仕方

肌にニキビなど、なにかしらのトラブルが出て来た場合は、
洗顔でほぼ解決出来ると言っても良い程、
洗顔は大切なんです。

 

ただ、洗顔の方法を自己流でやっていると、
かなり危険で、シミを肌に作るか作らないかくらい
肌に対して重要なことなんです。

 

ですので、この機会に洗顔の正しい方法を覚えて頂けたらと思います。

 

 

例えば、「強いマッサージが気持ちいい」と言う人がいますが、
まずこれは危険です。

 

実は、メラノサイト(メラニンを生成する場所)を刺激して、
過剰にメラニンを放出させることになります。

 

つまり、肌のためになって、その気持ちいいはずのマッサージが、
結果的には最悪のシミを増やすという結果を生んでしまいます。

 

 

ですので、洗顔の際は洗顔フォームをしっかり泡立ててから、優しく丁寧に、

 

あご、鼻の下、小鼻、ほお、こめかみ、おでこ、目の周り

 

をゆっくり滑らせるように洗いましょう。

 

 

ちなみに、洗顔フォームを泡立てる目的は、
キメが細かい泡の方が毛穴の奥まで届いて汚れを浮き出せるからです。

 

 

以前私が勤めていた化粧品会社では、
「洗顔フォームは少し滑らせて後は1分ほど放置しておくだけで十分」
と教えがあった程で、それだけ肌に刺激をあたえることは危険なのです。

 

マッサージしても力を入れずに滑らすように洗いましょう。

 

 

あとは、洗顔温度も気をつけましょう。

 

一般的には36度〜38度が洗顔に良い温度と言われています。

 

 

例えば、それ以上の熱い温度で洗った場合、

 

肌が乾燥しすぎたり、冷たい温度で洗うと毛穴が閉じて
汚れが浮いてこなかったりとよくないので、

 

ぬるま湯を意識して洗うようにしましょう。

 

 

肌を洗いすぎると硬くなる

 

肌を洗いすぎると硬くなる

肌は基本的に、肌のターンオーバー(細胞の入れ替え)ができていれば、

 

こすって角質を落としたり、垢擦りをしたりする必要は全くありません。

 

 

 

角質を落とそうとムキになって肌をこすり始めると、
こすった部分があしの裏と同じように硬く、厚くなっていきます。

 

 

刺激が強すぎる為に、角質層ができるペースがあがってしまうのです。

 

肌は外からの刺激があればあるほど、耐えられるようにと頑丈になりますので。
きれいでかわいらしい肌を目指すなら、やさしくやさしく接しましょう。